新着情報

◆経営コラム 『脱・雑駁(ざっぱく)経営! 』 …雑駁さは、シロアリのように企業の屋台骨を蝕みます。

雑駁とは『雑然として統一がないこと。また、そのさま 。』を意味します。この雑駁さで会社をダメにしてしまう社長は少なくありません。■自己診断をお願いします。[  ]・自分が書く文章に誤字・脱字はほとんどない。[  ]・自分の発する言葉に誤り・失言はほとんどない。[  ]・自分は決めたことを継続して実行できる。[  ]・自分は時間・納期に正確だ。[  ]・自分は出来る限り論理的に考え行動している。[
続きを読む >>

『小規模事業者持続化補助金<一般型>について』 …第10回の申請受付締切は令和4年12月9日です。  お急ぎください。

「小規模事業者持続化補助金」は、小規模事業者が地域の商工会、商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む場合に費用の一部を補助してくれるものです。申請にあたって、事業を営む地域を管轄する商工会、商工会議所の窓口に事業計画書を提出して「事業支援計画書」を作成してもらう必要があります。申請をお考えの方はお急ぎください。令和4年12月9日に第10回の申請受付が
続きを読む >>

『金融機関対応の煩わしさを(ほぼ完全に)払拭します。』 …金融機関との窓口機能を完全に担います。 …融資戦略の立案や必要書類の作成を主体的に行います。

銀行対応を得意と謳う税理士事務所も少なくありませんが、クライアント(貴社)をサポートする姿勢や、金融機関との対応方法には雲泥の差があります。銀行融資プランナー協会の正会員事務所である当事務所は、◆金融機関との窓口機能を完全に担います。◆融資戦略の立案や必要書類の作成を主体的に行います。消極的な部分支援ではなく、積極的な全部支援を目指しています。■銀行融資プランナー協会の正会員事務所である当事務所
続きを読む >>

『雇用調整助成金の12月以降について』 …12月から通常の制度になりますが経過措置もあります。

新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金の特例措置は令和4年11月末まで延長されていますが、令和4年12月以降は原則、通常の雇用調整助成金制度となる予定です。ただ、業況が厳しい事業主については令和5年1月末まで一定の経過措置が設けられる他、令和5年3月末までいくつかの措置が設けられる予定です。内容を確認しておきましょう。■原則的な措置内容新型コロナウイルス感染症等の影響により経営環境が悪化し
続きを読む >>

『社長の個人保証について』 …来年度から金融機関に説明義務が課されます。

金融庁は、経営者個人が企業の連帯保証人となる「個人保証」の制度を見直すことを明らかにしました。来年度から、金融機関が個人保証を求める場合は、説明義務を課すことを検討しているようです。しかし、金融機関サイドからは、「現実問題として個人保証を急に減らすことは難しい。」と言った声も出ているようで、全ての経営者が自動的に個人保証を免れるということはなさそうです。どのようなケースであれば、個人保証を外すこ
続きを読む >>

『社長の業務と現場仕事のバランス!』 …会社のステージによって比率は変わります。

中小企業経営者は、百%経営者業務のみを行っているわけではありません。執行部分、大企業流に言うなら執行役員部分や部長、場合によっては担当者の仕事も担っています。経営者業務と執行業務を分けて考えておかないと、どうしても執行業務に追われます。結果として、経営者不在の経営が続くことになります。■優秀な店舗デザイナーA氏は、数名を連れて起業しました。○A氏は優秀なデザイナーです。デザインのクオリティーは抜
続きを読む >>

『ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金について』 …13次締切分の申請期限は令和4年12月22日です。

「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)」の13次申請受付が11月7日から始まりました。申請期限は令和4年12月22日です。この13次締切分が令和4年度における最後の公募となる予定です。11次の一般型の採択状況では、4,668件の応募に対して2,786件が採択されています。直近の数次の状況をみても、同様に約4,000件の応募に対して60%前後の採択率で推移しています。
続きを読む >>

『悪循環に陥らないために』 …適時適切なファイナンスを行いましょう。

ある社長様との会話です。起業3年目で従業員は7名いるが、まだ社会保険に加入できていない。加入したいと思うが遡って社会保険料を支払うとなると100万円を超えてしまう。資金繰りが厳しく、税金も遅れながら払っている状況なので加入はとても無理だ、とおっしゃいます。目先のお金がないので社会保険に入れない。目先の税金が払えないので利益がだせない。等は悪循環の始まりです。時が過ぎれば過ぎるほど深みにはまってい
続きを読む >>

『経営は、売上高・粗利益率・固定費(と資金繰り)の織りなす芸術です!』 …「粗利益率が下がっても、売上高が伸びれば、粗利益額は増加する」は悪魔のささやき!

売上高・粗利益率・固定費の三つは極めて重要な経営指標です。資金繰りを円滑に回しながら、この三つの指標をコントロールすることで、利益の最大化を図ることこそが経営管理の鉄則です。経営者にはこれらのバランスを計る芸術的なセンスが求められます。売上高・粗利益率・固定費の相関関係について検証してみましょう。■売上高が伸びると固定費は上昇する傾向にあります。売上高を伸ばすためには、人件費や広告費等諸々の経費
続きを読む >>

『IT導入補助金デジタル化基盤導入枠について』 …申請の最終締切日は令和5年1月19日の予定です。

IT導入補助金デジタル化基盤導入枠は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者等を支援するとともに、インボイス制度も見据えた企業間取引のデジタル化を支援するため、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用や、クラウド利用料、PC・タブレット、レジ・券売機等のハードウェアの導入費用の一部を補助するものです。今年度は申請の締切日が細かく設
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-316-211 受付時間 9:00〜18:00(平日) お気軽にお電話下さい 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る